樹脂ホース・継手の専門メーカー

スプリング入りホース

  • TOP »
  • スプリング入りホース

スプリング入りホースの構造

糸入りホースの補強糸の代わりに線材が螺旋状に内蔵されたホースです。
鋼線などがコイル状に巻かれているため、ホースの保形性にすぐれ、潰れにくい特徴があります。
また、曲げ性にも優れ、省スペース配管に適しています。

spring01スプリングホースの構造

スプリング入りホースの特徴

スプリングホースは鋼線が内蔵されているため、一般的な糸入りホース比べて耐圧強度にも強いと誤解されることがあります。
スプリングホースの最大の特徴は、つぶれにくく、許容曲げ半径が小さいということです。
スプリングホースは、螺旋状に線材を巻いているだけなので、耐圧強度は糸入りホースより低くなります。
スプリングホースに圧力をかけると、どんどん伸びてスプリングのピッチが広がり、膨れて破裂します。

spring02E-TB-19(糸入りホース)の許容曲げ半径:13.5mm
E-SP-19(スプリングホース)の許容曲げ半径:7.5mm

対象製品

●スプリングホース E-SP

image-E-SP01

E-SP

柔軟性
バキューム
透明性
折れにくい

内径サイズ: φ8~50mm

オーダーメイド製品のご案内

上記以外でも、ご要望に沿ったオーダーメイド製品を製作可能です。下記問合せフォームより、お気軽にお問い合わせください。

PAGETOP
Copyright © 株式会社 八興 All Rights Reserved.